法律に守られて働く

法律に守られて働く

法律に守られて働く

探偵の仕事を保証する法律として、探偵業法と呼ばれる法律がありますが、
探偵業者の中には、法律違反を犯している悪質なところもあるといいます。

 

そうしたところに依頼すると、多額の調査費用を請求されたり、
個人情報を勝手に使われたりと、様々なトラブルに巻き込まれる可能性が出てきます。

 

少しでも安心して調査を依頼するためにも、
探偵に依頼する際、最低限は持っておくべき法知識について学んでおくようにしましょう。

 

探偵業法では、探偵業者を経営するにあたり、様々な条件が課せられています。
予めその点を知っておくと、不正を行っている探偵業者かどうかを判断することが出来ます。

 

例えば、探偵業者と契約する際は、
誓約書の交付や重要事項説明書など、様々な書類の交付が義務付けられているので、
それが行われない探偵事務所は危険です。

 

他にも営業所に探偵業届出証明書を提示するなどの決まりがあるので、
すぐに確認できる法律は欠かさずチェックするようにしましょう。

 

探偵業法が施行されるようになってから、
悪質な探偵業者の数はどんどん減ってきています。

 

大半のところなら安心して依頼することが出来ますし、
ネット上でも色々な探偵業者の評判をチェックできるので、
それらを元にしても悪質な探偵業者を避けることが出来ます。

 

それでも何の知識も無いまま探偵業者に丸投げにするよりも、
自分なりに必要な知識を身につけたうえで、
気になるところはしっかり確認できるようにしたほうが、安心度ははるかに違います。

 

探偵業法についての基礎的な知識を持ってから、探偵業者に依頼するようにしましょう。

 

探偵事務所に依頼をしてみたい東京の方は、こちらも参考にしてみてください。


ホーム RSS購読 サイトマップ