合法の上で働く

合法の上で働く

合法の上で働く

探偵の仕事は、人探しをしたり、浮気などの証拠を集めたりと、
色々なことを調査しなければならない仕事です。

 

そのためそれらを合法的に行うことが出来るよう、
探偵業法と呼ばれる法律でそれらの行動を保証されているのですが、
探偵業法は悪質な探偵を減らす機能も持っています。

 

悪質な探偵事務所によっては、依頼者を騙して金銭を得ようとするところもあるので、
探偵事務所に依頼する際は、悪質なところを選ばないように注意が必要です。

 

探偵業法では、探偵の業務に必要ないくつか行動を許可していますが、
それと同時に、様々な行為を禁止しています。

 

例えば、盗聴や盗撮といった他の法律で禁止された調査は、法律で禁止されているため、
そうした行為を調査目的で行っている探偵事務所は、
利用しないほうが良いでしょう。

 

さらにひどいケースが、手に入れた情報を横流しするケースで、
過去の依頼で確認できた、依頼者を含めた個人情報を、
様々なところに売却していた探偵がいたそうで、そうした探偵の多くは逮捕されました。

 

探偵業法が制定されたのは、平成19年と比較的早く、
それ以前は契約内容を巡るトラブルや、不正な調査など、
様々なトラブルが後を絶ちませんでした。

 

ですが、探偵業法のおかげで、悪質な探偵も数を減らし、
安心して依頼することが出来るようになってきています。

 

探偵事務所のほうでも、安全性の高さをアピールするために、
公式サイトを公開するなどの広報活動を行っています。

 

ストーカー対策や浮気調査など、個人で解決出来ないトラブルで悩まされている方は、
色々なサイトをチェックして、信頼出来そうな探偵事務所に依頼してみてください。
 


ホーム RSS購読 サイトマップ