探偵への仕事の依頼と法律の関係

探偵への仕事の依頼と法律の関係

探偵業法に基づいた仕事

 

 

探偵の仕事は、法律と密接な関係にあります。

 

元々探偵が仕事として認められるようになったのは、
探偵業法と呼ばれる法律が出来てからの話で、
それより前は何でも屋など、別の業務形態で今の探偵に近い仕事をしていました。

 

探偵業法が出来てからは、依頼を受けてから、条件付で情報収集を行えるようになり、
尾行や聞き込み、張り込みといった作業も、
法律で保証された上で出来るようになりました。

 

探偵業法によって、色々な調査が出来るようにはなりましたが、
それでも法律上禁止されている調査法は色々あります。

 

例えば盗聴や盗撮といった、他の法律で禁止されている調査法については、
探偵業法では認められていないため、
これを行っている探偵事務所は、法律違反で営業停止になります。

 

また、人の生活を害するような調査なども禁止されているので、
依頼者が相手の生活を害するのを目的で、
何らかの調査をする場合は、探偵事務所側も依頼を断ることが出来ます。

 

探偵の仕事は、法律によって保証されたものですが、
それと同時に法律によって制限されていることが数多く存在します。

 

そのため、本格的に警察が動いた場合は、探偵よりも自由度が高い調査が出来るので、
事件が起きている場合、探偵はあまり役に立たないのが正直なところです。

 

探偵のほうも、刑事事件などに関連する依頼は断るのが基本なのです。
テレビドラマなどでは、色々な事件を解決している探偵ですが、
もし何かしらの事件に巻き込まれた時は、探偵ではなく警察に相談して、
一刻も早く問題を解決してもらいましょう。

探偵業は違反にならないのか

探偵業はよくよく考えてみるとその方法が違法に感じられるでしょう。

 

例えば、本人の許可なしで写真を撮ったり、尾行することは、
ある意味はストーカー行為になったりします。

 

しかし、このようなことをしないと探偵は仕事をすることができないです。
ではこれは違法にならないかということの説明です。

 

一応、上記で出したような探偵に必要な行為は、法律によって許可されています。
あくまでも探偵業でしか使うことができなく、
やり方を間違えると違反行為となる場合もあります。

 

故に、探偵業の行動は一応違反行為にはなりません。
ただし、あくまでも違反にならないギリギリになっているので注意が必要です。
あまりにも行動が良くないと違反行為になることもあります。

 

それと、探偵はなんでもやっていいわけではないので注意です。

 

不法侵入、盗撮、ゆすりなどは探偵であっても違反行為になります。
それが調査のためだとしてもダメです。

 

ちなみに、浮気調査のために相手の携帯電話を見るという行為も
違反になることがありますので注意です。

 

結構注意しないといけないのが報道機関の依頼です。
実はこの報道機関からの依頼に関しては例外で、
報道用の調査目的で探偵業はしてはいけません。
そのような状態で依頼を遂行することは違法行為になります。

 

故に報道はあくまでも自分の力で情報を獲得しないといけません。
このように例外的な法律に守られない探偵業がありますので注意が必要になります。

 

探偵業は結構微妙なところがあります。
法律がしっかりとしていない部分もありますので注意が必要になるでしょう。

 

 

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ